MVC RAZOR Validation づつき

Entity Frame workから自動的に作成されたモデルは、以下の通りです。

正規表現を用いて修正します。

必須項目には、[Required]を追加します。
メール項目は、予めアノテーションで用意されている[EmailAddress(ErrorMessage = “必須項目 メール”)]を使用します。
その他の全角以外の項目は、 [RegularExpression]を用いて正規表現を用います。

全角等日本語判定は、正規表現で非常に難しいのでコントロールに記述します。

上記の [RegularExpression]は、入力時に判定されます。

複雑な日本語処理は、コントロールで行います。

無理に正規表現でパズルを作成すると仕様変更の時に労力がかかります。

文字コード判定ルーチンと文字列判定ルーチンを作成します。
例1 住所仮名判定には、地番の数値が入る可能性があります。除外する判定文を用意します。
全角の数字と半角数字をここで除外します。
例2 氏名は、空白文字を除外します。